FC2ブログ

かふぇさんへ

どうもお待たせいたしまして申し訳ございませぬ。
と言うわけで、大分間が空いてしまいましたがリク第二弾!

かふぇさんご依頼の拙宅の飲み会はじまりはじまりー。




シュトラセラトのとある通り。
シュトラと言えばブルービストロが有名だが、メインストリートから少し離れたところに隠れた名店も多いのだ。

ここはそんな隠れた名店?の一室。
カウンター席やボックス席の他に気軽に利用できる個室もいくつかあって、身内でのんびり寛いで飲みたい場合によくレィス達が利用するいきつけの店らしい。

今日は水鯖からカルィクの元に魔法書を借りに来ていた。
すぐ帰るつもりでいたのだが、ドアを開けた瞬間レィスと鉢合わせ。
久々に会ったことと、久々と言えるほど顔を出さなかったことを軽く詰られつつこの店に連行されてしまった。

居合わせた巻き添えのカルィクと何故かしゃしゃり出てきた丹沙と4人。

他愛ない話で3人が盛り上がるのを横目にグラスを傾ける。
別に会話に入れないとか居心地が悪いとかそんなことはない。
他の奴らが楽しそうにしてるのを肴に飲む酒ってのも悪くないんだぜ?

まあ、俺が会話に入ると場が凍りつく場合が多いのも事実だけどな。
別に寂しいとかそんなことないからな。
気使って黙ってるわけじゃないからな。

そうして料理と酒が程よく消費されつつあるが、ふと気付いてみるとカルィクのペースがえらく早い。

「・・・・。」

目の前のグラスに半分ほど残っている酒を煽ると次を注文する。
その時一緒にカルィクも次を頼んでいたのだが、俺がそれを飲み干す前にカルィクはもう一杯頼み、それももう半分もない。
なんとなく面白くなくてそれを一気に飲み下して次を頼もうとすると横から制止の声が上がった。

「ルィード、ちょっとペース早くないか?お前そんな強くないだろ」
「大丈夫だ問題ない…」
「いや、何か目据わってるし…あとお前飲み過ぎるとちょっと……」
「うるさい。酔ってないから問題ない」
「それダメなやつだろ!?」

横でレィスが何か言ってるが取り合わない。
大丈夫だっつってんだろ。

つか、この部屋暑くないか?
酒が入って少し体温上がってきたからか?

……少しシャツの前開けるか…





宴じゃー

「うおおい!ルィードストップ!!!」



「だから飲むなって言ったじゃないか!」

平気だって。まだいける

「どこが!つか脱ぐな!!」

だってこの部屋暑いじゃないか

「暑くない!だから脱ぐな!!」
「ていうか脱ぎ癖直ってないのね。お冷や頭からいっとく?」

丹沙

「なによ」




落ち着け



「お前が言うな!!!」



カルィクは画面端で咽せてると思われます。
4人なのに座席割りが変なのはルィードにレィスの隣取られて面白くない丹沙が無理くり割り込んだからです。
構図的にもう一人入れる画力がなかったとかそういうワケでは決して…
カルィクさんぼっちにしてごめんw

ネタが浮かんだはいいけどこれ絵だけ貼ったら状況分かんないかな、とかなんとか思ってちょっと駄文を付けてみたりなんなり…
しっちゃかめっちゃかですが、こんなものでいかがでしょうか…;
遅くなりましたが、かふぇさんどうぞお納めくだされ(シ_ _)シ


ルィードさんとカルィクさんはレィスに紹介されて細々と本の貸し借りくらいの交流があったりなかったりする程度で、飲みに行ったのは初めて。
同じ職のカルィクさんになんかよく分からない対抗心燃やしちゃうルィードさんでした。

どうでもいい設定ですがカルィクさんはザルです。
飲み比べ勝負挑んだらいけない人です。



残すはあと一枚!
ラフは大分前からもう出来てるんです。
あとは時間を作るだけ…_(:3」∠)_
グレさんお待たせしてすいません;

そんな感じでまた次回|д・)ノ゛
web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

|ヮ・) 。゚+.

一番落ち着いていらっしゃるお一人と思っていたルィードさんに、意外な脱ぎ癖が・・・|ヮ・)
お兄ちゃん大好き加減にブレのない丹沙ちゃんの、怒りゲージも気になるところですが楽しそうな飲み会風景ですね。゚(゚ノ∀`゚)゚。
ルィードさんはこのまま飲み続けると、最後はやはりぐにゃぐにゃになって昏睡してしまうのでしょうか@@;

残りのイラストも、勝手ながら楽しみにさせていただいてます|ヮ・)ノシ

ぐほっ!(吐血)

ルィードさんが!! 脱いだ!!!!!!!!
ちょっとその鎖骨触らせて下さいお願いします………!
え、駄目?
じゃあ一緒に飲みに行きましょう! 今すぐ! さぁ!!! 奢りますから!
あ、私は正気を保っていたいので烏龍茶でお願いします☆
大丈夫です。
半脱ぎ派なので全部脱ぐようなところまでは飲ませませんよ?(にっこり)

まさかショートストーリーまでついているとは思いませんでした……!
しかもルィードさんの! 鎖骨! 嬉しすぎてどうしたらいいか……(くっ)
思わぬご褒美でした。
これで生きていけます……ありがとうございました………!

コメントありがとうございます(・∀・)

to.アルさん
落ち着いて見えるのは実は単に愛想がなかっただけだったり…w
丹沙はルィード相手には遠慮無く暴言吐くのでそんなストレスは感じていないと思います(´∀`;)
ルィードさんはこの後普通に帰って、普通に寝て、朝起きると全て綺麗に忘れています。のでイマイチ自分が弱いという自覚がなくていつも飲みに行くたびにレィスが頭抱える流れにw
酒は飲んでも飲まれるな!ってやつですねw

あと一枚頑張るますp(・ω・)q

to.かふぇさん
「お客様展示物には手を触れないようry」

じゃあ今度飲みに行きましょう(・∀・)
え?こっそり後ろに持ってる焼酎ですか?
この店持ち込みokなので気に入ったお酒持って行こうというだけですよ。
ええ、別にこっそり烏龍茶に混ぜてウーロンハイにしてやろうなんて思ってませんよ?^^
だから安心して席を立ってくださいね?^^

絵だけで表現しきれなかったもので(ノ∀`)
大変お待たせいたしました!><
喜んでいただけたようで何よりです(^m^*)
プロフィール

れぃす・るぃ

Author:れぃす・るぃ
橙鯖在住
しがない葡萄農家

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
元ネタ
RS公式バナー
公式ブログ・レドブロ
リンク
五十音順(情報サイト様除く)
レッドストーンリンク
レッドストーンリング
ばなばな
バナーです
シーフじゃないよ武道だよ シーフじゃないよ武道だよ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Doll Maker
DollMaker2